的・地・得 の違いをはっきりさせよう

【スポンサーPR広告】

「的」 の使い方は何となくわかるんだけど、
「地」 と 「得」ってどう使うんだろう。

何となくわかるんだけど、
どんな違いがあるのか、なんか曖昧だなぁ・・・

もしこんな気持ちでいるなら、今すぐ スッキリ させてしまいましょう^^


2014y07m31d_1752401632


ご存知のとおり、中国語には 得 ・ 地 ・ 的 という3種類の 「 de 」 があります。

いずれの語も左右に置かれている言葉ををつなぐ役目がある、
という点で共通しています。

それでも敢えて区別してみますと、以下のように分けることができます。

 

」 :動詞や形容詞の後ろにつけて、程度や結果を表す補語の役割。

・写好       (書くのが上手)
・说流利    (話すのが滑らか)

」 :形容詞・動詞を修飾する連用修飾語。

・认真工作       (真面目に仕事をする)
・天渐渐冷了    (だんだん寒くなってきた)

」 :名詞を修飾する連体修飾語。

・中文书       (中国語の本)
・日本手办    (日本のプラモデル)

 

このように類別できます。

 

ということは、

例えば、以下の二つはどう理解して訳出したら良いでしょうか?

 

1、她很认真学习中文
2、她学习中文学很认真

 

1、(真面目に勉強)⇒ 彼は真面目に中国語を勉強している。
2、(勉強が真面目)⇒ 彼は中国語の学習態度が真面目だ。

 

このように訳すのが自然でしょう。

両者とも言いたい意味は大体同じですが、
日本語と同じようにニュアンスの違いに着目できると思います。

その場に合わせて使い回しができますので、
「地」と「得」の違いを利用して自分の考えを自由に言い表せる というわけです。

 

中国語を効率よくマスターできる正しい勉強方法教えます に戻る

[`yahoo` not found]
LINEで送る


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください