ピンインの本当の読み方ご存じですか?

【スポンサーPR広告】

中国語の漢字の上にローマ字表記で書かれている文字が
いわゆるピンインと呼ばれるものです。

勉強し始めたころは、ピンインの文字と実際に聴く音が違うように感じたり、矛盾を覚えたりして…

どの音を基準に覚えたらいいのか不安になるかもしれません。

私も同じような経験をしましたので、今回この問題について書きたいと思います。

 

2014y07m30d_171017691


例を挙げて考えて見ましょう。

例えば、「就」「六」などの「iu」の発音です。

従来のローマ字読みで単純に鵜呑みにすると、
「ジュウ」・「リュウ」となって、「ウ」音の印象を強く受けるかもしれません。

でも実際には、「iu」のピンインは「iou」と発音されます。
いわゆる「隠れ音O(オー)」が存在します。

ですから、本当は「ジョウ」「リョウ」と発音するのが正解なわけです。

それで、普通語の基準とされている北京語を話す人たちは
「ジョウ」「リョウ」としか発声しません。

誰も「ジュウ」・「リュウ」とは発音しないわけです。

ですが、時々、中国語を勉強している日本人の中には、
経験不足や以上の点を知らないからだと思われますが、

ただローマ字読みを忠実に発音して
「ジュウ」・「リュウ」を貫き通していらっしゃる方がいます。

そうした方たちの一種のまじめさはとても日本人らしく
微笑ましいことかもしれませんが、実際には損をしているので残念でなりません。

 

では、どうしてピンインにはそもそもこうしたズレがあるのでしょうか?

 

中国語は、本来ローマ字のアルファベットや日本語のカタカナだけで
表すことはできない独特な発音で成っています。

学習の便宜上、ローマ字表記のピンインが採用されているにすぎないのです。

それで、ピンインで中国語を表そうとする体系はもともと不完全であることを
中国の教育機関も公に認めています。

北京師範学大学の専門課程でもこの点が強調され誤解しないよう警告していますし、
当時、私も授業を聞いていて「そんなもんか… 」 と唖然としたのを覚えています。

 

ということで、中国語の発音を勉強する際には、
ピンインにこだわりすぎてはいけません

一番大切なのは、直接聞こえる生の音です。

中国人のネイティブの方たちの発する音をそのまま真似して
覚えるようにしましょう。

 

もちろん、多少の発音の違いは日本と同じく地方によって存在しますので、
その辺は理解しておかなければなりません。

あまりピンインに執着しないように心がけ、
柔軟に正確な発音を身に着けていくことが大切です
 

※ このような発音表記上の矛盾は何も珍しくなく、日本語にも当然見られます。
」音を例に取って考えてみてください。
単独で「あ・い・・え・お」と発音するのと「ありがと」では全然聞こえ方が異なります。「ありがとう」と発音する際、事実上「」音はほぼ消え去り「」音に近い音が残るのみです。同じような理屈が中国語にも見られる というわけです。
文字表記に一喜一憂するのではなく、直接聞こえる生の音に従えばそれでいいのです^^

 

中国語を効率よくマスターできる正しい勉強方法教えます に戻る

不動産投資の王道を学ぶならこれ!

ゼロから始める目からウロコの不動産投資セミナー

[`yahoo` not found]
LINEで送る


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください