北京語と台湾語の違い

【スポンサーPR広告】

台湾語、広東語、北京語など、
いわゆる中国語と言われるものは結構あります。

中国大陸は空気や環境が悪いので、
台湾に行って中国語を勉強したい方もおられるでしょう。

ですが、それぞれの違いをちゃんと把握しておられますか?


2014y07m28d_142637469


いろいろ取り上げると日が暮れてしまいますので、

現場目線での最低限知っておくべきことを踏まえておきましょう。

 

いわゆる中国政府が推し進めている中国語を代表する中国語は『普通话』と呼ばれ、主に北京など、中国大陸の北方の方たちが話す発音が標準とされています。

これを大陸で統一しようという運動があり、テレビドラマに意識的に吹き替えがされていたり、バス停などにも普通語の普及を訴えるスローガンが記されていたりします。

実際、聞き分けてみると普通語は気品があって響き良く聞こえますので、
そう認識されているのもうなづけるでしょう。

実は台湾などでも同じ中国語が使われてはいるのですが、
事実上、方言などの特性による発音、発声の違いが見られます。

例えば、北京語などで語られる普通語とは異なり、
台湾などの南方ではいわゆる巻き舌の音がほとんどありません。

結果、北京語系発音をすると台湾ではそっち方面の人間だと判断されますし、
台湾で中国語を勉強した日本人の発音はすぐわかったりします。

また使われる漢字は、中国大陸では簡体字(簡略化された字)ですが、
台湾では繁体字(簡略化されていない字)が使用されています。

そして、いわゆる地元に根付いているオリジナルの台湾語や広東語などの
方言は表面上の漢字はほとんど同じでも、発音はかなり違います。

例えば、「こんにちは。私は日本人です。」 はこう話されます。

 

你好、我是日本人。”(ニイハオ・ウオ・シィー・ルィーべンレン)  (北京語)
你好、我是日本人。”(リーホー・グワ・シィー・ジップンラン)  (台湾語)
你好、我係日本人。”(ネイホー・ンゴー・ハイ・ヤップンヤン)  (広東語)

 

カタカナ表記なので限界がありますが、
発音上、どれだけの差があるのか、だいたい理解できると思います。

特殊な理由で台湾語や広東語を先に勉強する必要がないのであれば、
まず北京語(普通话)をマスターするのが無難です。

普通話さえできれば、大陸の人とだけでなく、
香港人とも台湾人ともコミュニケーションがとれるからです。

これが 「(あまね)くじる」 すなわち, 普通话と呼ばれる由縁です。

 

中国語を効率よくマスターできる正しい勉強方法教えます に戻る

[`yahoo` not found]
LINEで送る


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください