電子辞書って使ったほうがいいの?

【スポンサーPR広告】

中国語を学習していく上で辞書は大切なツールです。
あなたはどんな辞書を愛用していますか?

分厚い本の辞書
電子辞書
ネット辞書
携帯・スマホの辞書アプリ・・・etc

色々ありますけど、
果たしていったいどれが一番良いのでしょう?


2014y08m01d_163143753


それぞれにそれぞれの持ち味がありますから、

断定的に「これがいいです!」とは当然判断できません。

「ネット検索で十分。」
「本の方が断然安いから本でいいです。」
「スマホのアプリで何とかなってるし・・・」
「とにかく無料ツールでがんばります!」

こんな感じで、いろいろな見方があると思います。

管理人も勉強を始めた頃は試行錯誤でしたので、超分厚い辞書も買いましたし、
今でもネットで検索して知らない単語を調べたりもします。

でも、約10年の歴史を振り返ってみて一番良かったツールは何か?
自分の中国語学習に一番貢献してくれた物は何か?

そう考えてみたときにハッキリ言えるのは、

電子辞書が断トツ だった、ということです。


簡単に言うと、使い勝手が一番いいので勉強がはかどるんです。


本の辞書だと、いちいちペラペラ探すのが面倒くさい。

携帯するのも不便。

ネット辞書はオンラインでなければ使えないのがほとんどで、
環境によって翻訳が遅いときがあったりすると勉強の意気がくじかれてしまいます。

スマホで使える辞書アプリも、オンライン版でないと大抵使い物になりませんし、
使えたとしても単語数がまだまだ充実していません。

iPhoneアプリで唯一使えるのが、小学館が出している中日・日中辞典ですが、
発音が聞ける単語数が少ないという欠点を持ち合わせています。
(手書き入力可・オフライン使用可なのでアプリでは一番良い)

ネットもアプリもけっこうな確率で調べられないことがあり、
直接中国語を調べたい時などは、基本的に読み方を知らなければ検索も不可能です。

調べたい、勉強したい、といういざの時にこうした事があると、
勉強するチャンスを逸したり、せっかくのやる気が失せてしまうのです。

実際、こういうことがしばしば、いや、本当に数多くあると思います。


でも、電子辞書を持つなら、こうした問題は
すべてなくなります

いつでもすぐに取り出せて、いつでも調べたいものを確実に調べられます。

読めない漢字でも画面上に書くだけで検索できます。(手書き機能付きモデルの場合)

収録されている単語や例文が超豊富なので、調べ漏れが極端に減ります。

専門ツールとしての使いやすさ
中国語学習の勢いをグイグイと後押ししてくれるのを実感できます。

ちなみに、私が愛用した電子辞書はCASIO製のEx-word(エクスワード)


2014y07m27d_211259271


なぜ選んだかといいますと、売上台数が一位、見た目も
格好良かったからです^^

今のタイプはさらにグレードアップしていますし、評判もなかなか良いようです。


少し値段が張るのは事実ですが、それだけの価値は十分にあります。

高いお金を払ったからには、「 モト を絶対とってやる!」という気持ちが
芽生え、勉強する動機づけも高まったりするものです

買った当初は思いもよらなかった点ですが、私は電子辞書を手に入れてから自然と毎日愛用し続け、3年ほどで1台目を使い倒してしまいました。

つまり、意識もせず画面がイカれてしまうほど使いまくっていたのです。

壊れた時はあまり驚きもせず、むしろ不思議と笑みが出て来るほどの何とも言えない充実感が込み上げてきたのを今でも覚えています

くれぐれも食わず嫌い、ならぬ 「使わず嫌い」 にだけはならないよう注意してください。

電子辞書は、中国語学習の進歩を2倍も3倍も早める可能性を持った優れものです。
 

中国語を効率よくマスターできる正しい勉強方法教えます に戻る

[`yahoo` not found]
LINEで送る


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください