新HSKをご存じですか?

【スポンサーPR広告】

HSKとは、
汉语 (Hànyǔ) 水平 (Shuǐpíng) 考试 (Kǎoshì)
の略称です。

中国語学習者にとって、
知っておかなければとても損をするといっても過言ではない情報の一つです。

基本的なことをここでおさえ、ぜひ将来に備えるようにしてください。

新HSKとは?


新HSKとは簡単に言えば、中国政府が唯一認定し、
2009年11月より実施されている中国語の国家試験のことです。

2014y08m21d_001155859


日本の文部科学省に相当する中国政府教育部が主催し、
主に中国語を母語としない方の中国語レベルを測定するために導入されています。

この新HSKは正直、日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、
すでに108以上の国や地域で実施されている、世界共通の立派な国家資格です。
(対照的に「中国語検定」は実質、日本と中国の一部でのみ効力を発揮します。)

中国政府の認定試験ですので、特に中国で就職や留学、また公的な活動をされる際に 必ずと言っていいほど求められる資格になっています。

 

2014y08m21d_002957603


最近ではヨーロッパの企業で特に重視されていますが、
日本もこのHSKの資格を重んじる企業が増え始めているのは見逃せないと思います。

ANA (全日本空輸株式会社),トヨタ、三井住友銀行、TDKなどの有名企業が
こぞって従業員に取得を激励、もしくは採用時のチェックリストに加えています。

新HSKは一級から六級までのレベルがあり、最高が六級になります。

 

ちなみに私の母校、北京師範大学の本科生としての入学基準は旧HSKで6級以上、
新HSKで5級ほどのレベルを要します。
(実際には、それほどの能力があっても授業についていくのは簡単ではありません)

 

2014y08m21d_122549762

中国語学習者は誰でも受ける価値がある


趣味感覚で中国語を学んでおられる方であっても、
このHSKは挑戦しがいがあります。

聴き取り読解作文 それぞれの分野での点数が表記されますから、
自分の現時点での弱点や今後の課題が正確に認識できて非常に便利です。

 

2014y08m21d_010450309

 

初心者の方が節目の目標として、段階的に1級から受けていくのも実際的で、
中国語の勉強を続けていくモチベーションを保ちやすくなるという利点もあります。

段階的にハイスコアを狙い、着実に中国語をマスターしてゆくことが可能です。

このHSKを利用しまくるなら、上手に中国語を進歩させられ、
就職の選択枠もガンガン広げていくことができる、というわけです。

最近日本経済新聞と日経キャリアマガジンが行ったアンケートでも、
~仕事で使える資格は何か~満足度ランキングで3位に挙がっていました

HSKは中国語と向き合ってゆくあなたに多くのメリットをもたらしてくれますから、
参加するようできるだけ早い段階で計画に取り入れてみてください^^

 

新HSK公式サイト

 

中国語を効率よくマスターできる正しい勉強方法教えます に戻る

[`yahoo` not found]
LINEで送る


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください