「 小姐 」の本当の意味は?

【スポンサーPR広告】

日本には中国と同様に方言というものがあります。

しかし、中国には方言以外にも、
同じ言葉が全く違う意味で
使われる
という少し厄介な問題も存在しています。

その一つの顕著な例が 「 小姐 」 という言葉です。

日・中 両国での定義とその差

 

例えば、日本の中国語辞書で 「 小姐 」 という言葉を調べれば、大体、

1、娘さん,お嬢さん
2、ミス ( 未婚女性に対する敬称 )
3、若い女性やサービス業に従事している女性

などと説明されています。

一方で、中国で 「 小姐 」 という言葉を調べれるとどうでしょう?
例えば、中国で一番有名な検索エンジン「 百度 」の辞典にはこうあります。

1、昔は立場の低い女性の呼び名に使用
2、未婚の女性の敬称
3、風俗産業に携わる女性等

 

2014y08m11d_234715052


以上から、
日本と中国それぞれの辞典での説明にも差があることが見て取れます。

 

現実社会の 「 小姐 」 とは?

 

では、この 「 小姐 」という言葉の本当の意味は一体何なのでしょうか?

端的に言うと、地方によってだいぶ違っています。

例えば、南方ではとても礼儀のある言葉として
既婚・未婚に関わらず、一般女性を呼ぶ際に広く用いられています。

つまり、日・中どちらの辞典にもない広い範囲の使われ方がなされているわけです。

ですから、上海などを舞台にした中国のドラマで「小姐」という言葉が今でも頻繁に使用されているのはそのためです。

一方で、北京を含めた北方の方では、全く礼儀のない仕方で使用されています。
つまり、風俗系の仕事をしている低俗的な女性を指す言葉として使われているのです。

それで、南方では見知らぬ女性を呼ぶ際に 「 小姐 ! 」 と声を掛けれますが、
北方ではそのようには言えません。失礼にあたるからです。

それでも、南方から北方に来たばかりで、まだ地元の文化に慣れていない方が、
ときどき 「 小姐 ! 」 と呼んでいる光景を見聞きする場合があります。

そのようなときは、周りの地元の人たちは思わず苦笑いをしていたりします。

 

2014y08m11d_235632942


つまり、地方から来た中国人自身もその土地に応じて正しい中国語の使い方を

学んでいかなければいけない、という現実があるわけです。

そうであるなら、外国人の身である私たちからすればなおの事、
中国語をもっとリアルに学ばないと恥をかく、ということにならないでしょうか

辞書や教科書ばかりと向き合っていたら、
逆にいろんな矛盾や問題が増えていたりするのかもしれません。

中国語、 恐るべし です^^;

 

中国語を効率よくマスターできる正しい勉強方法教えます に戻る

[`yahoo` not found]
LINEで送る


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください