細かいことは気にしない

【スポンサーPR広告】

習い始めの時期、1から10まで逐一すべての問題を解決しようとすると、逆に失敗に終わるかもしれません。

「失敗」の検索結果 - Yahoo!検索(画像) (1)

もちろん、疑問に感じたときに調べようとしなければ、 進歩するタイミングを逸してしまうでしょう。

ですが、初心者がこれを徹底しようとすると、途中で疲れ果てて挫折してしまう可能性が増大してしまうこともあるんです。

はじめは喜び勇んで何でも吸収したくて、無我夢中で中国語を聞き、書き、読みます。

完璧主義者の如く努力するんですが、しばらく経てば所詮自分は不完全な人間なんだと 否が応でも気づかされる現実が待っています。

 

「神経質」の検索結果 - Yahoo!検索(画像) (1)

「 あ~、勉強してもすぐ忘れるし、面倒くさいし・・・やっぱりやーっめた 」
「 これでわかった、少なくとも自分は外国語向いてないんだなっ 」

こんな自己暗示にも似た結論に至って終了です。

ですから、バランスを取りましょう。

必ずしも今日触れた言葉の全てを覚えられるわけではないですし、ひとつの単語でも用法がたくさんあったり、方言として使うものもありますから、全部を処理することは到底無理な話なのです。

文法や意味をとことん追求することも悪いわけではないですが、現時点で全てがすぐ腑に落ちるわけでもありません。

後になり、以前勉強したことのある事柄と知識が結びついた結果、
突如として分かることも多々あります。

なので、

「 辞書を開いたけどわからない 」
「 質問して解説してもらったけど意味不明 」

たとえそうであっても、まずは焦らないことです。

むしろそういう時は、

「 今はわからないけど、いづれ巡り巡ってそのうちわかってくるだろう 」

と、あまり気にしない態度を敢えて取りましょう。

レベルの高い問題に固執したり、細部を追求してしまうと、
結果、時間を無駄にしたりモチベーションが下がりかねません。

現実的な目標を持ち、段階的に進んでいくことが大切です。

 

場合によっては、何も考えずそのまま呑み込んで受けとめる感覚も必要です。

勉強を始めたルーキーの方は、正直あまりピンと来ないかもしれませんが、
実のところ、この感覚を持ち始めた頃が一番上達しやすく勉強が捗るようになります。

 

細かいことは気にしない、わからないものはとりあえず横に置いておく、
できる範囲でマスターしていくゆとりを持つ。

 

「まあいっか」の検索結果 - Yahoo!検索(画像)

抽象的でマインド(精神論)に近い話ですが、 こうした考え方は中国語の勉強を続けていく上で欠かせないものです。

もし、現時点で何も感じない・ピンと来ていないのであれば、
もう一度読みなおして、心にまでちゃんと落とし込むようにしてください。

そうすれば、中国語学習の長い道のりで途中棄権してしまう可能性をグッと下げることができます。

 

中国語を効率よくマスターできる正しい勉強方法教えます に戻る

[`yahoo` not found]
LINEで送る


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください