チーコのプロフィール

こんにちは。 当ブログにお越しいただきありがとうございます。

ブログ管理人のチーコです。
よろしくお願いいたします^^

ハンドルネームの由来:

 

ハンドルネームの『チーコ』は、
もともと小学校に入る前の小さい頃に自分自身で付けたのが始まりです。

というのは、まだ日本語すらおぼつかなかった小さい頃、
自分の名前をひたすら練習していたんですが、なかなか発音できませんでした。

本名は  『〇〇〇こ』 ですが、
どうしても 『ちーこ ちーこ』 としか言えない…

その後、近所の子が真似して私を 『ちーこ』 と呼び出し、
一緒に小学校に上がることに。

同級生たちにも伝染しはじめ、小学校を卒業する頃までには一人の女子以外、
すべての同級生が私の事を 『チーコ』 と呼んでくれました。

中学校に入ってもそれは変わらず、

すっかり大人になった今、やや違和感を感じていなくもないんですが…
そんなことは気にせずに、引き続き執着して使っています ^^

地元・故郷

 

町田市に実家があり、そこですくすく成長しました。
町田市は東京の一番南にあって、神奈川との県境に位置しています。

最近では 『まほろ駅前狂騒曲』 という映画の舞台に使われました。
F1レーサーの佐藤琢磨さんの実家があったり、恩田川の桜は一見の価値ありですよ。

 

在住地:

 

北京に住んでいます。※2015年から東京に一時帰国中。
これまで北京市内で5回以上引っ越しを経験しました。

来たばかりの頃に比べて家賃相場が2倍以上になったので、
ちょっとしんどくなってきています。

北京といっても、生粋の北京人は少なく、出会う人々のほとんどは、
実は地方出身者の中国人だったりします。

いろんな発音の中国語が聞けるおかげで、聴力は相当なレベルになりました。

大気汚染は言うまでもなく、食品安全の問題や物価の上昇、車の渋滞問題などが
常にこの町を取り巻いています。

経済発展に伴い、1年1年めまぐるしく情景が変化してきていて、

思えば来日当時、付近の電車の踏切が竹一本で作られていたなんて…
今となっては本当に懐かしい光景です。

 

Screenshot4_thumb.png

 

~こうした伝統的な民家が立ち並ぶ細い路地・胡同(フートン)は急速に消えつつある~

 

家族構成:

 

今のところ奥さんと二人だけです。
奥さんは意外?にも日本人ではなく、福建出身の中国人。

彼女との出会いは留学先の北京師範大学で、
専攻は彼女が物理で私は文学でしたが、不覚にも一目惚れしてしまい、
とりあえず美味しいロシア料理レストランにお誘いして告白したのがきっかけでした。

普段は中国語9割・日本語1割の具合で会話しています。

毎日、不思議な感じで愛を育んでいて、(外国語でコミュニケーションを取るからか)
きっとこれからもずっとこんな感じなんだろうなぁ~と…

当然ながら、理解を深めたい言葉があるときは彼女とトコトン話込めるので、
中国語を学ぶ上ではとても助かっています。

趣味・好きなこと:

 

寝ることと美味しいものを食べること…くらいです。

最近美味しかったのは、大董烤鸭というお店の 『红花汁栗子白菜』 というスープ。

一口目をいただいたとき、喉にさわやかな衝撃が走りました。

今まで出会ったことのない全く新しい味なのに、
それでいてどこか日本人としての親しみやすさを感じたんです。

基本、中身は栗と白菜なんですが、(このコンビネーションがまた素晴らしい!)
スープがさらさらさら~って、味わい豊かに喉に流れ込んで行く感覚がたまらない・・・

 

 

北京にお越しの際は、北京ダッグと共にぜひご賞味あれ^^

 好きな音楽:

 

Mr.Childrenと中島美嘉さんの曲が一番のお気に入りです。

桜井さんの声がツボで、彼の情熱のこもったまっすぐな歌声を聴くだけで
自然と込み上げてくるモノがあります。

曲のメロディ-センスが抜群、
歌詞もグッとくるので、自分の心の一部が抜き取られた感じすら覚えます。

【es】、HANABI、終わりなき旅 といった人生歌った曲が一番好きですが、
抱きしめたい、365日 といったまっすぐなラブソングもストライク。

マイナーなところでいけば、
2004 シフクノオトTour で披露した 「Everything(It’s you)」、

Tour 2009 日本武道館で歌い上げた「つよがり」は、CDに入ってる元々のバージョンを遥かにしのぐ奇跡的な作品だと思っています。

 

 

中国語との歩み:

 

200X年、
しばらく会っていなかった友人から連絡をもらいパスタ屋で会食しました。

当時、私は会社員でしたが、彼は大陸に渡ってからすでに3年ほど経っていて、
中国の今後の展望について熱く語ってくれました。

その時、自然と中国語をマスターする意欲が湧きはじめ、すぐに勉強を開始。
気づけば、友人との会食からおよそ10ヶ月後には北京に移住完了。

北京に渡ってからは語言大学近辺にある中国語スクールに毎日通い、
1年くらいで当時の旧HSK中級に初めて参加し、晴れて中級最高の8級合格。

その後、北京師範大学に入り、
専攻は文学で現代中国語や古代中国語の専門課程も履修

 

大陸に渡ってから大体3年半くらい経った頃、
ある一定の言語レベルに達した感覚を持つようになりました。

つまり、生活上ほぼ問題なくストレスなしで現地の人とやっていける境地に到達。

言語面での障壁がなくなったので、中国人女性との交際も考えられるようになり、
結果、大学時代に恋人ができて彼女からもたくさんの中国語を吸収してきました。

大学卒業後、本業を持ちつつ中日翻訳や日本語教師の仕事も掛けもち、中国語のスキルをレベルアップさせています。

新HSK最高級もゲットした今、中国語に関係する主な目標は二つに絞られました。

一つは、自分の中国語レベルをネイティブ級に精錬してゆくこと。
特に中国人から外人とバレることのない発音と休止、抑揚さを身に着ける。

二つめは、同じ中国語学習者の方に少しでも喜んでもらえるサービスを提供すること。


今だからわかる真実があります。

巷では、

やれ 「 たった1か月で中国語をマスターできる本! 」
やれ 「 ただ聴き流すだけで中国語がペラペラに! 」 など、

耳をくすぐるような甘い話で人を騙そうとする悪徳業者で溢れかえっています。

外国語をペラペラ話せるようになった周りの人たちも、彼らが具体的にどうやってマスターしたのか、なかなか話そうとはしない現状があります。
(なぜだかわかりますか?)

勉強している人は自分で試行錯誤していろいろ努力しますが、
いまいち勝手がよくわからないために、しょっちゅう不安に襲われたりするものです。

学習初期の1、2年目の頃は特にそうですよね。

あなたが今感じているこうした不安や迷いを、私も以前に嫌というほど味わい、一足先に乗り越えて来ることができました。

 

管理人チーコがこれまで経験してきた勉強法

  • 教科書の音読(数百冊)
  • 音声教材のリスニング(数百本)
  • ドラマ・テレビ番組の視聴(定期)
  • 電子辞書・ネット辞書サイトの活用(毎日)
  • 中国音楽・カラオケ(時々)
  • マンツーマン(man‐to‐man)レッスン
  • 中国語学校の授業(2年)
  • 语伴<ユーバン>との交流(数十人)
  • 大学留学生活(4年)
  • HSK(汉语水平考试)の学習

etc

 

10年経った今、

何が本当で何が嘘なのか。
どうすれば効率よく確実に中国語がマスターできるのか。

その答えがはっきりわかったんです。

 

自分がこれまで直面した問題や経験を踏まえ、
本当のノウハウだけを提供することをここに誓います。

本気であなたの中国語学習を応援します。

 

ということで・・・


もし悩んでいる事があったらいつでも気軽にご連絡ください。
私でわかることは、何でも事実だけをお伝えします。

 

 

あなたの中国語人生のキーパーソンになれたら本当に幸せです。

 

どうぞ遠慮なさらず、このHPを利用しまくり、最速で中国語をマスターしてください。

 

それが管理人チーコの切なる願いです^^

 

 

中国語を効率よくマスターできる正しい勉強方法教えます に戻る

[`yahoo` not found]
LINEで送る